壁宿の相性一覧

一覧のリンクをクリックすると、相性の詳細な説明へ移動します。
各宿との詳しい相性も確認して、対人関係の向上に活用しましょう!

命の関係

出会うべき運命に導かれたソウルメイトの関係

互いが同じ宿である「命」の関係は性格や好みが非常に似ていて、出会った瞬間から多くの共感を覚えます。まるで鏡に写る自分を見るかのような感覚で、性別や職業を超えてすぐに打ち解けることができます。しかし似た者同士であるがゆえに、一緒にいる時間が長くなるほどお互いの短所が目につき、衝突も起こりやすくなります。自分に欠けているものを気づかせてくれる相手だと理解して、お互いにサポートし合うことが大切です。

業・胎の関係

前世や来世での出会いが約束されている因縁の関係

「業・胎」の関係にある相手とは、自分の前世と来世の姿を表しています。「業」にあたる相手とは前世で、「胎」にあたる相手とは来世で、それぞれ因縁のある間柄です。自分を導いてくれる良き指導者として、または人生の節目の重要なキーマンとして出会うことが多く、まさに運命の出会いと言っても過言ではありません。ただし、出会いのインパクトは大きいのですが、縁としての継続性はあまりありません。力を貸してくれてもすぐ疎遠になってしまう傾向が強く、継続して付き合うにしても一定の距離感を保ったままの関係が多いようです。

命の関係

庶民的で目立たないタイプの壁宿同士は、刺激の少ない関係になります。本来あまり自分から心を開くタイプではないため、当たり障りのない関係に終始する場合がほとんどです。平和主義者で博愛精神に溢れた性質をもっていますが、あくまで相手ありきなので、壁宿同士ではその良さが表に出ることは少ないでしょう。刺激の少なさから徐々に疎遠になるケースもあります。ただし、理屈より直感を大切にする宿なので、趣味や考え方などでピタリと波長が合う相手の場合は、瞬く間に意気投合して楽しい時間を過ごせます。

業の関係

好奇心旺盛で独特の感性を持つ鬼宿は、壁宿にとってシンパシーを感じる相手です。普段は人のサポート役になるとこが多い壁宿ですが、鬼宿に関しては、壁宿のセンスに惹かれてサポートしてくれる関係です。斬新な発想をする鬼宿からは得ることが多く、壁宿の世界も広がります。なかなか人に心を開かない壁宿ですが、鬼宿の前では自分らしく振る舞うことができます。

胎の関係

気品があり落ち着いた雰囲気の房宿は、壁宿にとって居心地の良い相手です。平和主義でボランティア精神溢れる壁宿が、なにかと尽くしたいと思う関係です。保守的な房宿もそんな壁宿に心を開き、信頼してくれます。お互い気楽に付き合える相手です。

栄・親の関係

お互いを支えあい、希望に満ち、繁栄と親愛が生まれる関係

「栄」の相手は「繁栄」を表し、「親」の相手は「親愛」を表す、双方にとってプラスとなる相性です。すべての相性の組み合わせの中で、最も安定した最高の組み合わせです。幸せに恵まれ将来の希望にあふれた発展性のある関係です。 出会いの印象が薄いため、縁が生じにくいのが欠点ですが、交流が始まれば一気に運勢が好転します。継続的に付き合っていくことで、お互いに幸運を分けあいながら成長でき、かけがえのない存在となっていくでしょう。 友人、ビジネス、恋愛、いずれにおいても理想的な関係といえます。

近距離の栄の関係

律儀で優等生タイプの奎宿は、壁宿にとって親近感の湧く相手です。品があり節度をわきまえた人気者の奎宿から学ぶことも多く、壁宿の視野も広がるでしょう。一方で、面倒見がいい壁宿に対して奎宿も好感を持ってくれるので、波長の合った自然体で付き合える関係を築けます。

中距離の栄の関係

愛嬌があり気配り上手な心宿は、人の心をつかむことが得意です。庶民派で控えめな性格の壁宿にとって安心できる相手です。一方でボランティア精神があり器の広い壁宿は、心宿にとって魅力を感じ安心できる相手です。あまり人に心を開かない性格の2人ですが、お互いを理解してオープンな付き合いができるでしょう。

遠距離の栄の関係

温厚な雰囲気と人の気持ちを上手に汲み取る柳宿は、控えめな壁宿にとって付き合いやすい相手です。庶民的で人を支えることが苦にならないので、さり気なく柳宿をサポートします。自分をしっかりと持ち、目立つことが好きな柳宿とは波長が合い、自然体で付き合える関係です。

近距離の親の関係

自信家で目的に向かって一直線に突き進む室宿は、壁宿にとって尊敬できる相手です。普段は豪快で勝ち気な室宿ですが、内面は無邪気で非常にデリケートです。そんな室宿を見ていると、博愛精神に溢れた壁宿は放っておけなくなり無条件でサポートします。お互いに自然体で付き合える関係なので、フォローし合って困難も乗り越えられます。成長できる良きパートナーとなるでしょう。

中距離の親の関係

理論家で論争好きな井宿に対して、出会った当初は苦手意識を持ちます。しかし付き合っていくにつれ、愛情深い井宿に好感を抱き、控えめな性格の壁宿も自然と心を開く事ができます。博愛精神に溢れた宿同士なので、お互いに理解し合えて穏やかな関係でいられます。

遠距離の親の関係

一本気な性格で一途に努力する底宿は、壁宿にとって尊敬できる相手です。実力主義でエネルギッシュな底宿からは、学ぶことが多く視野が広がります。さらに庶民的で人情味あふれる壁宿は、努力家の底宿をサポートします。お互いに認め合い、助け合いながら、良い関係が築けます。

友・衰の関係

精神的な結びつきが強く、友情や愛情に満ち溢れた関係

仲が良く、お互いを損得抜きで好きになる関係です。「友」の相手は「友情・交友」を表し、「衰」の相手は「衰弱、衰退」を表します。一般的に「友」の相手が優位な立場で、「衰」の相手は弱い立場になりますが、精神的な繋がりが強く、価値観も共通するところが多いために、一緒にいても優劣を感じること無く対等に付き合っていけます。文字通り友情を主とした関係性なので、プライベートでは理想的な関係ですが、厳しい判断を迫らせるビジネスなどにおいては、お互いに甘えてしまったり、つい情に流されてしまいがちなので、注意が必要です。

近距離の友の関係

好奇心が旺盛で流行に敏感な危宿は、壁宿を癒やしてくれる楽しい相手です。誰とでも仲良くなれる危宿は、庶民的で控えめな壁宿にも気軽に接してくれるので安心して付き合うことができます。気分にムラがある危宿も、壁宿といると心が和みます。気を使わず自然体で付き合える関係が築けます。

中距離の友の関係

独創的で大胆不敵に道を切り開く参宿と、庶民的で慎重な壁宿は正反対の宿ですが、付き合いやすい相手です。分析力に長け、人のサポートが上手な壁宿は、行動力のある参宿を的確にアシストします。そんな壁宿に参宿は好感を持ち、頼りにしてくれます。参宿の成功を支える女房役として活躍します。

遠距離の友の関係

独立独歩で自分の信念を貫く亢宿と、庶民的で現実的な壁宿は、生き方は大きく違いますが互いに魅力を感じ惹かれ合う相手です。闘争心の強い亢宿が平和主義者の壁宿をサポートし、視野の狭い亢宿は壁宿の広い心と博愛精神に多くのことを学びます。お互いにフォローし合える良い関係でいられます。

近距離の衰の関係

器用で繊細な視点を持つ婁宿は、壁宿にとって頼りになる相手です。人の心の動きを敏感に感じ取る婁宿は、控えめな壁宿を理解してサポートしてくれます。婁宿の細い気配りが時に疎ましく感じる時もありますが、壁宿に対して尽くしてくれるので、大切にしたい相手です。

中距離の衰の関係

職人気質で一途な努力家の尾宿は、世話焼きの尾宿にとって放っておけない存在です。尾宿の物事に取り組む姿勢に感心し、見返りを求めずにサポートします。そんな壁宿に対して人付き合いの苦手な尾宿も心を開いて付き合うようになります。安心でき心地よい付き合いができます。

遠距離の衰の関係

自分の世界を持った求道者の星宿は、壁宿にとって魅力的な相手です。博愛精神に溢れた壁宿が、一途な星宿をサポートしてあげる関係です。生き方や性格がピタリと一致する相手ではないのですが、互いに惹かれ合い、長く付き合っていける関係になれます。

安・壊の関係

一触即発の関係だが、上手に付き合うことで相互に高め合える関係

「安」にあたる相手は「安定」を表し、「壊」にあたる相手は「破壊」を表します。「安」の相手には優位な立場となり、「壊」の相手からは破壊される立場となります。非常にアンバランスな関係であるため、特に恋愛や結婚においては、「壊」にあたる相手に対して狂信的ともいえるほどのめり込んでしまい、周りが見えなくなってしまうケースが多々あります。極力接近したくない相手ですが、運命的な結びつきが強く、一度交わるとなかなか離れられない関係でもあります。宿曜の相性において、特に注意が必要な関係です。しかし、この関係も悪いことばかりではありません。この相性の人と接することによって、自分の殻を破り、成長できる機会にもなります。安・壊の関係であるということを双方が自覚し、うまく付き合っていくことで、お互いの秘めた力を引き出すことができるでしょう。ビジネスや師弟関係においては、望ましい関係であるともいえます。

近距離の安の関係

独立独歩で開拓精神が旺盛な胃宿は、初めは惹かれる相手です。しかし胃宿は、控えめでボランティア精神がある壁宿を自分の利益の為にコントロールするようになります。分析力に長けた慎重派の壁宿なのでひどい目に遭うことはないですが、良い関係にはなれません。

中距離の安の関係

裏表なく自由に生きることを好む箕宿は、壁宿にとって初めは付き合いやすい相手です。人を支えることが好きな壁宿は、箕宿のサポート役となり一見波長が合うように感じますが、我が道を行き荒っぽい性格の箕宿に壁宿は違和感を感じることになるでしょう。近づくと相手の嫌な部分が見えてしまうので、距離を保って付き合う事が大切です。

遠距離の安の関係

華やかで周囲の注目を集める張宿は、庶民的な壁宿とは正反対の相手です。面倒見の良さは共通していますが、細やかな気配りができる壁宿が張宿に利用される関係になります。近づくとお互いのマイナス面が表面化するので、あまり深入りしないように気をつけましょう。

近距離の壊の関係

気品があり複雑な精神を持つ虚宿は、壁宿の気を引く相手です。博愛精神に溢れた壁宿は、虚宿の繊細な一面を見るとつい手助けしたくなります。しかしそれを繰り返すうちに虚宿が甘え、次第に振り回される立場になってしまうでしょう。一緒にいると疲れてしまうのであまり干渉せずに付き合うようにしましょう。

中距離の壊の関係

知識が豊富で慎重に物事を進める觜宿は、壁宿と共通点があり、初めは惹かれあう関係です。しかし觜宿は話術に長け、思ってことをズバズバと口にするので、控えめな性格の壁宿は一緒にいて苦手意識を持つようになるでしょう。根本的に価値観が合わないので距離を置くことが賢明です。

遠距離の壊の関係

自由に自分の人生を楽しむ角宿と、直感やイメージを大切にしている壁宿は、共感できる相手です。しかし、控えめで庶民的な壁宿が角宿に近づきすぎると、勢いに振り回されて疲れてしまいます。距離感を大切に付き合うように心がけましょう。

危・成の関係

新たな見解やものの見方に気付かされる刺激的な関係

「危」にあたる相手は「危険」を表し、「成」にあたる相手は「達成・成功」を表します。性格や好み、価値観が違うことから、お互いに共感できるところは少ない関係です。しかし、自分に無いものや不足しているものを補ってくれる相手でもあることから、特にビジネスでの成功に結びつきつきやすい関係です。刺激的で、時にライバルとしても切磋琢磨し合う良い関係が築けます。ただし、この相手に対して無理に合わせようとしたり気を使いすぎると、お互いの魅力が半減してしまいます。相手を尊重する気持ちは忘れずに、自分のスタンスを貫くことで、いつまでもwin-winの関係を続けていくことができます。

近距離の危の関係

優雅で高尚な趣味を持つ昴宿は、興味をひかれる相手です。しかし昴宿は生まれつき環境に恵まれていて自尊心が高いので、控え目な壁宿は振り回されることがお多そうです。一緒にいるとストレスを感じてしまうので、近づきすぎない方が賢明です。

中距離の危の関係

どちらも対人関係では控えめな性格なので、縁が生じにくい相手です。斗宿は世渡りが苦手で付き合う人間を選ぶタイプですが、実力派で不屈の精神力を持った味方につけておきたい相手です。過度に干渉せず、上手にアシストしながら付き合っていきましょう。

遠距離の危の関係

スケールの大きな翼宿は、壁宿にとって近寄りがたい相手です。周囲から愛されるカリスマ性のある翼宿ですが、壁宿は警戒心が強いので、距離を縮めるには時間がかかります。世話焼きの壁宿ですが、プライドの高い翼宿にヘタなおせっかいは逆効果です。時間をかけて相手を理解していく必要があります。

近距離の成の関係

ストイックで権力主義の女宿は、壁宿にとって付き合いにくい相手です。世話焼で仕切り役の女宿は自分の目の届く範囲は何でもコントロールしたがるタイプです。庶民的で平和主義者の壁宿は知らないうちに主導権を握られてしまう傾向があります。ガツガツと踏み込んでくる女宿に振り回されて疲れてしまうので、一定の距離を保って付き合うようにしましょう。

中距離の成の関係

どちらの宿も穏やかで庶民的な魅力を持っています。見た目の派手さや行動力はありませんが、意志の強さや粘り強さを持ち合わせているので、安定性のある関係が築けます。壁宿は場当たり的な判断で物事を決めてしまう傾向があるので、どっしりと構えて慎重派の畢宿を尊敬し信頼します。

遠距離の成の関係

社交的な軫宿は、人情味があり世話焼きな壁宿にとって共感できるところが多い相手です。直感やイメージで行動する壁宿に対して、軫宿は物事を深く突き詰めて考え、洞察力に優れているので、苦手意識を持ってしまいます。軫宿からは交際術を学べますが、深入りせずに自分らしさを忘れずに付き合うことが大切です。