角宿の相性一覧

一覧のリンクをクリックすると、相性の詳細な説明へ移動します。
各宿との詳しい相性も確認して、対人関係の向上に活用しましょう!

命の関係

出会うべき運命に導かれたソウルメイトの関係

互いが同じ宿である「命」の関係は性格や好みが非常に似ていて、出会った瞬間から多くの共感を覚えます。まるで鏡に写る自分を見るかのような感覚で、性別や職業を超えてすぐに打ち解けることができます。しかし似た者同士であるがゆえに、一緒にいる時間が長くなるほどお互いの短所が目につき、衝突も起こりやすくなります。自分に欠けているものを気づかせてくれる相手だと理解して、お互いにサポートし合うことが大切です。

業・胎の関係

前世や来世での出会いが約束されている因縁の関係

「業・胎」の関係にある相手とは、自分の前世と来世の姿を表しています。「業」にあたる相手とは前世で、「胎」にあたる相手とは来世で、それぞれ因縁のある間柄です。自分を導いてくれる良き指導者として、または人生の節目の重要なキーマンとして出会うことが多く、まさに運命の出会いと言っても過言ではありません。ただし、出会いのインパクトは大きいのですが、縁としての継続性はあまりありません。力を貸してくれてもすぐ疎遠になってしまう傾向が強く、継続して付き合うにしても一定の距離感を保ったままの関係が多いようです。

命の関係

社交性があり自由な生き方を好む角宿同士は、気の合う楽しい関係が築けます。お互いに刺激しあって、交流関係や興味の幅が広がるでしょう。ただし、虚栄心が強く人の話を聞かないことがあるので、ちょっとした摩擦は日常茶飯事です。さらに角宿同士だと楽しいことや興味のあることを優先してしまうので、ビジネスにおいてはしっかり舵取りができる第三者が必須です。

業の関係

知的でプライドが高い虚宿は、複雑な感受性を持ち、人付き合いが苦手な宿です。しかし、社交的で自分らしく人生を楽しむ角宿には好感を抱き、心を開きます。自由を好む角宿にとって、虚宿との付き合いは少し窮屈に感じる時もありますが、何かと尽くしてくれる大切な存在です。

胎の関係

礼儀正しく弁の立つ觜宿に対して、角宿が惚れ込んでしまう関係です。ピュアで優しい觜宿を何かとフォローしてあげたくなります。思ったことをつい口に出してしまう觜宿ですが、サバサバした性格の角宿にはそれほど苦になりません。争うこともなく良い関係を続けられます。

栄・親の関係

お互いを支えあい、希望に満ち、繁栄と親愛が生まれる関係

「栄」の相手は「繁栄」を表し、「親」の相手は「親愛」を表す、双方にとってプラスとなる相性です。すべての相性の組み合わせの中で、最も安定した最高の組み合わせです。幸せに恵まれ将来の希望にあふれた発展性のある関係です。 出会いの印象が薄いため、縁が生じにくいのが欠点ですが、交流が始まれば一気に運勢が好転します。継続的に付き合っていくことで、お互いに幸運を分けあいながら成長でき、かけがえのない存在となっていくでしょう。 友人、ビジネス、恋愛、いずれにおいても理想的な関係といえます。

近距離の栄の関係

自分の信念を貫くストイックな亢宿は、角宿にとって気の合う相手です。判断力や行動力がある亢宿が、多芸多才な角宿に好感を持ち、何かとサポートしてくれるでしょう。困ったときにアドバイスをくれ、力を貸してくれる良きパートナーになるです。

中距離の栄の関係

明るく活発で冒険心のある参宿は、角宿にとって刺激的な相手です。人生を自分らしく楽しむ多趣味な角宿と、好奇心旺盛な参宿は似ているため、一緒にいると楽しい付き合いができます。行動力や道を切り開くバイタリティーは参宿の方が上を行き、角宿は参宿から多くの事を学べ、世界が広がります。ポジティブでエネルギッシュな2人なので、目標を立てて力を合わせることで想像以上の結果を出すことができるでしょう。

遠距離の栄の関係

流行に敏感で器の広い危宿は、角宿にとって気の合う相手です。多趣味で自分らしく人生を楽しむ角宿と、好奇心旺盛な危宿は趣味を共有し、お互いの世界をさらに広げることができます。天真爛漫でソフトな危宿とは、気を遣わずオープンな付き合いができます。

近距離の親の関係

社交性が高く気遣い上手な軫宿は、角宿にとって頼りになる相手です。多芸多才で自分流を好む角宿を、軫宿がアシストしてくれるでしょう。ペースが合い短所を補い合える2人なので、ビジネスでもプライベートでも充実した時間を過ごせる関係になれます。

中距離の親の関係

堅実で自分磨きを怠らない女宿は、角宿にとって刺激的な相手です。女宿からたくさん良い刺激を受け、多趣味で好奇心旺盛な角宿の世界が広がります。女宿も角宿の魅力に惹かれサポートしてくれるので、居心地の良い関係を築けるでしょう。

遠距離の親の関係

庶民的で正義感の強い畢宿は、やや不器用な面があります。柔和で自由を好む角宿とは正反対の性格ですが、一緒にいて落ち着く相手です。他人に厳しいところがある畢宿ですが、快楽主義で自分らしく人生を楽しむ角宿に興味を持ち心を許します。また、自然体で接してくれる畢宿に角宿は安心感を覚えます。お互いに自分のないものを補い、癒やされる関係が築けるため、長く付き合っていけるでしょう。

友・衰の関係

精神的な結びつきが強く、友情や愛情に満ち溢れた関係

仲が良く、お互いを損得抜きで好きになる関係です。「友」の相手は「友情・交友」を表し、「衰」の相手は「衰弱、衰退」を表します。一般的に「友」の相手が優位な立場で、「衰」の相手は弱い立場になりますが、精神的な繋がりが強く、価値観も共通するところが多いために、一緒にいても優劣を感じること無く対等に付き合っていけます。文字通り友情を主とした関係性なので、プライベートでは理想的な関係ですが、厳しい判断を迫らせるビジネスなどにおいては、お互いに甘えてしまったり、つい情に流されてしまいがちなので、注意が必要です。

近距離の友の関係

スケールの大きい翼宿と好奇心が旺盛な角宿は、似ている所があり気の合う相手です。完璧主義で真面目な翼宿は翼宿は問題を一人で背負い込む傾向がありますが、社交性が高く器用な角宿が翼宿のフォローをかってでます。そんな角宿に対して翼宿も感謝の心を忘れず、大事に接してくれます。お互いに信頼し、成長していける関係になります。

中距離の友の関係

頭の回転が早く志の高い斗宿は、角宿にとって尊敬できる相手です。ストイックでカリスマ性がある斗宿と、自分らしく自由に人生を楽しむ角宿は正反対の生き方ですが、お互いに自分にないものを相手から学べるので好感を抱きます。刺激を与え合って、成長していける関係となります。

遠距離の友の関係

気品があり知的な昴宿は、角宿にとって尊敬できる相手です。どちらも知識が豊富で話題が尽きないので、いつでも新鮮な会話を楽しむことができるでしょう。また、おっとりとしていて人を大切にする昴宿とは居心地良く、オープンに付き合うことができます。争うこともなく、穏やかな関係を築けるでしょう。

近距離の衰の関係

やり手で一本気な性格の底宿は、角宿にとって気の合う相手です。楽天家で楽しいことが大好きな角宿にとって、野心家の斗宿との時間は刺激的で楽しめます。また斗宿も、多趣味な角宿に魅力を感じます。お互いに足りないものを補える関係となるでしょう。

中距離の衰の関係

クールでドライに物事を進める井宿は、角宿にとって尊敬できる相手です。知識が豊富で話術に長けた井宿からは得ることも多いでしょう。さらに井宿は細かいことに目が届くので、自由奔放で脇道にそれがちな角宿を正しい方向へ導いてくれれます。角宿の世界を広げてくれる良きパートナーです。

遠距離の衰の関係

一度決めたことにがむしゃらに突き進む室宿は、自分本位な一面が角宿と似ています。楽天家で自分らしい生き方を好む角宿と室宿は、嫌味の無いさっぱりとした付き合いになるでしょう。行動力のある室宿は見習いたい相手であり、角宿にとって頼もしい存在です。

安・壊の関係

一触即発の関係だが、上手に付き合うことで相互に高め合える関係

「安」にあたる相手は「安定」を表し、「壊」にあたる相手は「破壊」を表します。「安」の相手には優位な立場となり、「壊」の相手からは破壊される立場となります。非常にアンバランスな関係であるため、特に恋愛や結婚においては、「壊」にあたる相手に対して狂信的ともいえるほどのめり込んでしまい、周りが見えなくなってしまうケースが多々あります。極力接近したくない相手ですが、運命的な結びつきが強く、一度交わるとなかなか離れられない関係でもあります。宿曜の相性において、特に注意が必要な関係です。しかし、この関係も悪いことばかりではありません。この相性の人と接することによって、自分の殻を破り、成長できる機会にもなります。安・壊の関係であるということを双方が自覚し、うまく付き合っていくことで、お互いの秘めた力を引き出すことができるでしょう。ビジネスや師弟関係においては、望ましい関係であるともいえます。

近距離の安の関係

優雅で落ち着きのある房宿と、オシャレで華やかな角宿は初めは好印象です。しかし房宿は、他人や事象に強い興味を示さない傾向があるので、好奇心旺盛で興味の幅が広い角宿とは次第に温度差が生じてきます。社交的な角宿が近づいても深い関係に発展することはまれです。距離を置いた付き合いが賢明です。

中距離の安の関係

鬼宿は適応力があり、人の気持ちを汲んで行動できるので人気者です。楽しく付き合える相手ですが、角宿の見栄っ張りな部分が原因で関係にヒビが入ります。鬼宿の人気にあやかろうと近づくと、敏感な鬼宿はすぐに感づいて苦手意識を持ち始めます。見習うべきところも多い相手なので、程よい距離感で関係を保つようにしましょう。

遠距離の安の関係

庶民的で人情味のある壁宿と社交的な角宿は、善良な宿同士なので相性は悪くありません。しかし、地味で現実的な壁宿と、快楽主義で冒険心が旺盛な角宿とはすれ違いが多く、距離が縮まることはないでしょう。壁宿はあまり自分から心を開くタイプではないので、当たり障りのない関係になります。

近距離の壊の関係

自己アピール力に長けた華やかな張宿は、周囲から人気があり、角宿も魅力を感じます。しかし張宿は自己中心的で自信過剰な面があり、自分の世界を大事にする角宿とは価値観が合いません。理解し合えないまま、次第にすれ違っていくでしょう。

中距離の壊の関係

自由奔放で束縛を嫌う箕宿は、同じ自由人の角宿であっても難しい相手です。箕宿は闘争心旺盛な猪突猛進タイプで、快楽主義者で要領よくこなす角宿に理解を示しません。箕宿には敵わないので、できれば近づきたくない相手です。

遠距離の壊の関係

ストイックで開拓精神旺盛な胃宿は尊敬できる相手です。しかし、好奇心旺盛な自由人の角宿は理解してもらえず見下されてしまいます。我儘でアクの強い胃宿と一緒にいると傷つく事が多でしょう。根本的に性格が合わないので、あまり深入りしないようにしましょう。

危・成の関係

新たな見解やものの見方に気付かされる刺激的な関係

「危」にあたる相手は「危険」を表し、「成」にあたる相手は「達成・成功」を表します。性格や好み、価値観が違うことから、お互いに共感できるところは少ない関係です。しかし、自分に無いものや不足しているものを補ってくれる相手でもあることから、特にビジネスでの成功に結びつきつきやすい関係です。刺激的で、時にライバルとしても切磋琢磨し合う良い関係が築けます。ただし、この相手に対して無理に合わせようとしたり気を使いすぎると、お互いの魅力が半減してしまいます。相手を尊重する気持ちは忘れずに、自分のスタンスを貫くことで、いつまでもwin-winの関係を続けていくことができます。

近距離の危の関係

愛嬌があり気配り上手な心宿は、人の心をつかむことが得意です。楽天家で飾り気のない角宿は付き合いやすさを感じます。しかし心宿は猜疑心が強く、近づきすぎると角宿の虚栄心を見透かされて嫌な思いをしてしまいそう。秘密主義の心宿とは深いところまで分かり合える関係にはなりません。

中距離の危の関係

頭の回転が早く、人の気持を敏感に感じ取る柳宿と、器用で飾り気のない角宿はどちらも人気者。柳宿は交渉が上手く、人をコントロールすることが得意なので、自分が優位になる為に人を振り回します。柳宿のペースに巻き込まれないように、距離をとって付き合うことを心がけましょう。

遠距離の危の関係

礼儀正しく優等生タイプの奎宿は、角宿にとって物足りない相手です。角宿は華やかで多趣味、自分流の楽しい生き方を好むため、生真面目な奎宿には魅力を感じません。ただし善良な宿同士なので、刺激は少ないですが相性は悪くありません。根本的に価値観が違うので、無理に相手との距離を詰めようとするようにも、他の事にエネルギーを向けましょう。

近距離の成の関係

夢を持ち続け、実現させるために一途に努力する星宿と、頭の回転が早く、何事も器用にこなす角宿は価値観の違う相手です。社交的で飾らない性格の角宿は、多趣味で自分らしい生き方を好みます。そんな角宿は星宿から理解してもらえず距離を感じるでしょう。

中距離の成の関係

目標達成の為に一途に努力する尾宿と多趣味で楽天家の角宿は正反対の宿です。真面目な尾宿には、遊び上手な角宿が軽く見えてしまうこともありますが、どちらも善良な宿なので付き合う上での障害にはなりません。粘り強い働き者の尾宿を見習い、誠実な付き合いを心がけましょう。

遠距離の成の関係

物事の本質を見抜き、独特な感性を持つ婁宿は、角宿にとって頼りになる存在です。計画的に行動する婁宿と、フットワークの軽い角宿は正反対の宿ですが、細かいことに目が届く婁宿が角宿の足りないものを補ってくれます。角宿の世界を広げてくれるありがたい相手です。